看護師さん

沖縄の就職 沖縄の移住

コロナ禍で仕事を辞めたい、休みたい看護師に ※環境を変えるすすめ

コロナ禍のいま、看護師として働いているなかで、

「苦しい・・・」
「看護師を辞めたくて仕方がない」
「仕事がなぜかわからないけど、つらい」

と、思い悩んでいませんか?

 

病院特有の人間関係などはいったん置いて、

コロナ禍で「仕事を辞めたい・・・」と思い悩んでいる看護師・准看護師さんは、この記事をぜひ読みすすめてほしいです

この記事のポイント

  • コロナ禍で、なぜ看護師が「辞めたい」と思うのか
  • この「つらさ」にどう対処していくか、心の余裕を持つために
  • あなたの「スイッチ」を切り替えるには →休息と情報収集が大事

 

コロナ禍で看護師が「辞めたい…」と感じる理由

看護師さん

【事実】看護師は疲弊している

看護師の離職が相次いでいます。

全国初のコロナ専門病院となった大阪市立十三市民病院(大阪市淀川区)では、令和2年10月までに医師4人、看護師14人を含む約25人が退職しました。

 コロナ専門病院 退職者続出で悲鳴 「中等症病床拡充を」 (参照:産経新聞)

 

コロナ罹患者を日常的に受け入れている多くの病院・診療所では、看護師の業務量がとても増え、一部の施設で離職が相次いでいる現状があります。

 

なぜ看護師がつらさを感じているか

どうして、「つらい」と思うのでしょう。

皆さんがいま持っている悩みは、「このままコロナ禍で看護師の職を続けていいのか」という根本的な問いのはず。

自らが苦労して築き上げたキャリア、誇りある職業が、自分や愛する人に健康上の不安を与えてしまうかもしれない・・・

戴帽式のときに感じた初心を思い出すと、矛盾を感じるかもしれないですね。

 

この葛藤が「つらさ」の原因ではないかと想像します。

 

いくつか原因をあげてみました。

おそらくほとんどの看護師さんにあてはまるのではないでしょうか。

なぜ看護師が「つらい」と感じるのか??


・現場の看護師の業務量が増えていて、心身の負担になっている

・看護師自身が感染しないよう、日々大きな重圧を感じている

・コロナウイルスを家庭に持ちこみ、家族に感染者を出してしまう可能性が常にある

 

このあたりは下記の記事に詳しく書いてますので、ぜひ参考にしてください。

 

つらさとどう向かい合うか。心の「スイッチ」を意識しよう

看護師さんイメージ

いま、看護師は誰もが大変・辞めたいと感じている

看護師という職業については、誰もが使命感や愛着を感じているはずです。

ここで立ち止まってみましょう。

いま、コロナ禍で皆さんが「辞めたい」「何かを変えたい」と思っているのは、
看護師という職業ではなく、「コロナによる影響を含む、今の職場環境」なのではないでしょうか。

 

身の回りの環境が、ここ数ヶ月で大きく変わったりしていませんか?

看護師は常に緊張を強いられます。

真面目で、いろいろ想い悩み、抱えこんでしまう人が多いです。

また、コロナ禍で大変な患者さんに今まで以上に向き合っていきたいという気持ちも大きいと思います。

おそらく、何をしても職場の事が頭から離れないのではないでしょうか。

参考

ある病院を対象とした看護師の実態調査では、カテゴリー別のストレスが「業務量」「業務内容」が、「人間関係」「プライベート」などの項目を抑え上位にあげられています。 (引用:日本農村医学会雑誌2014 年 63 巻 4 号 )

 

心の余裕を持つための行動

そんな時は心に余裕を持つための行動をしてみるのが良いかもしれません。

例えば、

  • 趣味に没頭するなど、気持ち的に距離を置く
  • 勤務時間が終わったら早めに職場を離れて、物理的に距離を置く
  • 体を動かして、職場のことを忘れる
  • 感染に気をつけ、できるだけ遠くの自分を知らない人ばかりの土地に行く

など、自分の気持ちを楽にしてあげるのがいいですね。

積極的に自分を解放してあげることが大事だと思います。

 

つらさが続くなら、心のなかにある行動の「スイッチ」を切り替える

それでもダメなら、一度仕事を休んでしまうのもありです。

職場を変えて、自分の行動の「スイッチ」を切り替えるのです。

 

18万部を超えるベストセラー『精神科医が教える ストレスフリー超大全』の精神科医・樺沢紫苑先生は、「体を壊す寸前なら迷わず辞めよう」と提唱しています。

真面目な人ほど、ギリギリに追い込まれて初めて仕事を辞める選択をする傾向があるようです。

 

行動のスイッチを機能させるためにすべきこと

行動のスイッチは脳の「側坐核」という部分にあるといわれています。

平常時、脳の側坐核にある程度の刺激があると「やる気物質」のドーパミンが分泌され、一歩を踏み出すポジティブな力がでてきます。

 

とはいえ、睡眠不足・運動不足・過度のストレスなどの過度な外圧が溜まっていると、側坐核自体がうまく機能しません。

まずは短く確実に休息をとって、体の機能を回復させるのがいいでしょう。

少し立ち止まって休むことは理にかなっていると言えそうです。

 

少し休んで、次のステップに向き合うために

ここで立ち止まって。

安心してほしいのですが、看護師国家試験の合格実績には、有効期限はありません。

キャリアに一時空白期間ができたとしても、そのぶん人間的に大きくなればいいんです。

 

あなたは、何をしようが一生看護師・准看護師の資格を持っている。

この事実だけでもだいぶ気持ちが柔らかくなるんじゃないでしょうか。

 

少し休んだら、自らのスキルを活かすべく情報収集を始めてください。

看護師は高い専門性を持っているので、就業する場所を自分の意思で決めることができますし、するべきです。

 

 

看護師は辞めづらい・・・どうする?

そうはいっても、患者さんは目の前にいるし、すぐには辞めれないよ・・・。

病院・クリニック勤務の看護師さんだと、勤務先を辞めるのも一苦労だと思います。

 

2ヶ月後を目標に設定。すぐに決断しなくてもいい、ゆっくりいこう

そうですよね。すぐには職場を辞めれないと思います。

特に、看護師長と面談とか・・・。胃が痛くなりますね。

 

なので、2ヶ月後を目標に設定して、動き出しましょう。

3ヶ月後は、長いです。もう心も身体も続かない可能性があります。

本気で腹をくくった2ヶ月は、けっこう短いですよ。その間にやるべき行動を明確化し、スケジュールに落とし込みましょう。

 

もし、2ヶ月の間に心変わりをしたら、もう一度考えをリセットすればいいのです。

自分で自由に決めれる選択肢がいくつかあれば、心に余裕をもって目の前のお仕事にも取り組めますよ。

 

引き継ぎが心配・・・それって本当??

引き継ぎを心配する看護師さんも多いですが、逆に質問させてください。

今までの看護師人生で、スタッフの欠員や配置転換でほんとうに現場が回らなかった経験って、ありますか?

背中を押す意味で、少しきつめに言わせてもらいます。

仮にあなたがウルトラスーパー看護師で、あなたがいないと病院が回らない、ということがあるかもしれませんが、

そのような病院・クリニックは組織論から言うとそもそもアウトです。

患者さんや地域の住民のためにならないので、その場合は半年ぐらいの期間をおいて徐々にフェードアウトしましょう。

 

責任感の強い看護師さんほど、引き継ぎ問題で思い悩むのはすごくわかります。

正解はないので、自分が納得できるよう、時間をかけて丁寧に問題に向き合ってみてください。

また、そのあいだに次のステップに進むための情報収集を同時にはじめましょう。

 

>>>看護師の求人に役立つ情報をまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

まとめ:看護師は大変な職業、少し休むのもOK。ゆっくり歩み始めればいい

沖縄の夕陽

看護師、医療従事者は、今ものすごく大変な状況に置かれてると思います。

看護師さんたちがつぶれてしまっては、皆さんも我々も困ります。

 

心の余裕を持って、それでもつらさがまだ続くようなら、一度ゆっくり休んで、その後また走り始めればいいと思います。

 

自分の行動の「スイッチ」を切り替えて、看護を志した初心の気持ちに戻れれば素晴らしいですね。

 

その時は、ご自身の状況に沿った、自分に合う職場を是非見つけてほしいです。

応援しています!

 

参考記事
nurse
【看護師だけ】費用ほぼゼロで沖縄移住「実績も積める」求人・募集サイトを解説

続きを見る

参考記事
【看護師だけ】沖縄転職・移住に強い!求人募集サイトの口コミ・Q&A

続きを見る

-沖縄の就職, 沖縄の移住
-, , , ,

© 2021 沖縄一の日常会話 Powered by AFFINGER5