【看護師だけ】沖縄転職・移住に強い!求人募集サイトの「口コミ・Q&A」

 

沖縄の病院・診療所で働きたい!

そんな看護師・准看護師さんはとても多いと思います。

オキイチ
すぐに行動してしまいたいところですが、後悔しない転職を実現するために、複数の転職サイトの比較は必ずしましょう。

 

このページでは、特に沖縄案件に強い看護師求人サイトが選ばれるポイントと主な口コミ記事を紹介します。

この記事を書いた人

某県で離島の公務員として2年間、医療従事者の採用を担当していました。
また、実際に看護師求人サイトを「雇用する側」の立場で利用していました。
プロフィールをまとめましたのでご覧ください。

 

おすすめの求人サイトと選ばれる6つのポイントを解説

沖縄での勤務を考えているなら、転職サイトの利用を活用することをおすすめしています。

数ある看護師向け転職サイトの中でも、実績が豊富で沖縄案件に強いのは「ナースパワー求人センター」です。登録は無料です。

オキイチ
特に沖縄の案件にしっかり力を入れて取り組んでいるのがいいです。

数ある看護師向け転職サイトの中でも実績が豊富で沖縄案件に強いため、ナースパワーに登録して情報を得てほしいです。

 

ナースパワーが選ばれる6つのポイント

  1. 35年の実績 全国16拠点で求人をサポート
  2. 全国100,000名の看護師が利用
  3. 求人先が支払う紹介料金が業界一安い
  4. 実求人数が業界最多を誇る
  5. 年間看護師紹介数5,000名を突破
  6. ナースパワー独自の「短期応援制度」を開発
    (引用:ナースパワーHP)

おすすめの理由

→おすすめする理由をまとめています。少し長めです。
【2021年】沖縄で働きたい!看護師さんのおすすめ転職サイト (内部リンク)

 

 

「沖縄応援ナース」おすすめ看護師転職サイトの口コミ

以下、口コミサイトから【ナースパワー・沖縄応援ナース】に関する投稿を拾ってみました。

 

1.准看護師もOK!

准看護師の求人は少ない中、透析の経験を活かせる職場に出会えてよかったです。
私以外にも、応援ナースで入職される方もいてどんどん友人が増えていってます!!
現在は常勤として、大好きな沖縄に住みながら、看護師としても経験を積んでいきたいです。

引用:ナースパワー|沖縄応援ナース

オキイチ
これが理想だと思います。求められる職場で、経験を活かし、必要とされる。

移住までしているようで、バッチリはまって良かったですよね!

 

2.へき地・離島の医療も体験できる

離島応援ナースで沖縄にきました。
(中略)
入院看護の仕事はお年寄りのお世話が多いです。ここにはヘルパーさんがいないので、以前勤めていたところより肉体労働が多くなりました。だけど、これも地域医療の現状だと思うので、いい経験だと思っています。
契約の半年では島生活を満足できなくて、もう半年延長しました。 もうじき、その延長も終わり一度実家の方に戻りますが、機会があればまた来たいと思います。

引用:ナースパワー|沖縄応援ナース

オキイチ
へき地・離島の医療を体験できるのも、沖縄応援ナースの利点だと思います。

長い看護師人生のなかではとてもいい経験になるのではないでしょうか。

その後、海外の途上国で現地駐在員や保健衛生のJICA専門家としてバリバリ働いている方もいました!

 

3.看護師側に選択のオプションあり

近く結婚を予定しており、それまでに少しやりたいことをと思い、沖縄での応援ナースを希望しました。
(中略)
立地が良く、車のない私でも生活に不自由なく生活できています。同じ病棟のスタッフもとても親切で働きやすく、残りの期間も問題なさそうです。

引用:ナースパワー|沖縄応援ナース

オキイチ
期間が設定されているのも、沖縄応援ナースのいいところです。

延長等の希望も汲み入れてくれますので、看護師側に選択のオプションがある感じですね。

沖縄を楽しむためには、車の免許は取っておいたほうがいいですよ!

 

4.短期間働くのもぜんぜんあり

ダイビングが趣味なため、沖縄の病院で短期間働きたいと考えてこのサイトに登録しました。このサイトには応援ナースという求人形態があり、沖縄や離島等の病院に6か月程度赴任できます。
引越し費用と旅費が病院から支給されるだけでなく、赴任先での住居も用意されますし、応援手当も支給されます。現在、赴任先で仕事に趣味にと充実した生活を過ごすことができています。
今後のキャリアを考える良い機会にも恵まれていますし、期間限定の求人を数多く扱っている求人サイトは他にはなかなか見当たらないと思います。
場所は限定されますが、短期間だけ働きたい人には登録をお勧めします。

引用:みんなの評判ランキング |ナースパワー

オキイチ
コスト面でも移住にかかる費用をサポートしてくれますね。

ダイビングや沖縄観光を目的に短期間働くのもありだと思います!

 

5.現在働いている職場を変える、というきっかけに

都会育ちで、昔から沖縄とかリゾートに憧れを持っていたので、こちらのサイトに登録しました。
憧れといっても、旅行で沖縄を回れたらなっていうことくらいしか思っていなかったんで、働くことは全然考えてなかったんですが、内定をもらうことができました。私も正直驚いています。
(中略)
面接が無かったのが少々不安ですが、せっかく沖縄を楽しみながら働けるので行ってみようかと考えています。短期間でしか働くことができないのは残念ですが、今の病院から離れたかったんでちょうどよかったと思っています。

引用:みんなの評判ランキング |ナースパワー

オキイチ
現在働いている職場を変える、というきっかけに活用するのも全然ありだと思います!

条件さえ合えば募集案件にはけっこうな確率で採用されると思いますので、看護師人生の節目になればいいですね!

 

 

「沖縄応援ナース」のよくある質問(Q&A)

応募を検討する看護師さんからのQ&Aをまとめました。
(引用:ナースパワー)

1.面接は現地に行くの?

質問1

面接は現地に行くのですか?
応援先は、ナースパワーとの信頼関係に基づく病院や施設ばかりですので、ナースパワーの推薦があれば電話面接により採否が決定します。電話面接は、事前にいろいろな質問を準備しておくと仕事のイメージもしっかりできて、安心して赴任できますよ。

2.住居は自分で探すの?

質問2

住居は自分で探すのですか?
全ての応援先に住居の紹介・斡旋・準備を依頼しております。応援先が現地での手続を行いますので、赴任後すぐに入居が可能です。部屋探しのために一度、現地に行く必要はありません。

 

3.契約期間は延長できる?

質問3

契約期間が決まっていますが延長はできますか?

期間延長は歓迎です。「応援ナース」としてそのままそのまま契約を更新することも、応援期間中に応援先を見極めて正職員になることも歓迎されます。期間満了の頃には『住み慣れた環境や親しくなった仲間と離れるのがつらい・・』と言われ、残られる方も大勢いらっしゃいます。

 

4.何をもっていけばいいの?

質問4

赴任する際は何をもっていけばいいですか?

寮にはテレビ・冷蔵庫・洗濯機など生活家電一式が完備されています。当初は身の回りの品と着替えくらいでいいと思います。応援先により引越手当の予算も異なるので、引越業者だけでなく宅急便のご利用もお考えになると良いですよ。

 

5.引越しはどうしたらいい?

質問5

赴任費用は支給されますか?引越しはどうしたらいいですか?
赴任費用(赴任旅費・引越し代)は病院から支給されますが領収書が必要です。ただし限度額がありますので詳しくはお尋ね下さい。

 

6.帰りの引越し費用は?

質問6

応援終了後、帰りの引越し費用は出ますか?
支給されません。帰りの諸費用は自己負担です。そこで他の応援先に赴任されると、次の赴任先の病院や施設から赴任費用が支給されますので、応援ナースとして戻ることをおすすめしています。

 

7.応援ナースって『派遣』なの?

質問7

応援ナースって『派遣』なの?
ナースパワーの「応援ナース」は派遣ではなく病院の直接雇用です。従って、賃金は直接応援先より支給されます。また社会保険も応援先で加入します。

 

オキイチ
かなり、いいですよね。

雇用する側・される側、双方にとってメリットが大きいしくみだと思います。

 

 

まとめ:損しない沖縄転職、看護師の情報収集は専門サイトの利用がおすすめ

沖縄での転職を考えるなら「ナースパワー」に登録することがおすすめです。

損をしない転職活動には、うまく専門家の力を利用してください。

ナースパワーの「沖縄応援ナース」おすすめポイント

1.沖縄案件のサポート体制が業界一しっかりしている
2.原則、訪問面接なし
3.費用・設備など移住コスト面でのメリットが大きい
4.紹介料が業界一安い、低コストで必要な人材を紹介してもらえる
5.やはり信頼と実績。案件数も多い

 

転職サービスを受ける際には、こちらもぜひ確認してください。

「沖縄応援ナース」を利用する上で注意すべき点

1.募集する側の事情をよく確認する
2.来沖する前に現在の住居を整理する

 

>>>ポイント・注意点についてはこちらに詳しく書いています。

参考【看護師だけ】沖縄で働きたいナースが注意するポイント・おすすめ求人サイト[実績多数]

続きを見る

 

自分ひとりで情報収集するには限界があります。
求職サイトを活用して、ぜひ効率的に情報を収集してください!

離島・沖縄で働く看護師転職サイトはナースパワー

 

  • この記事を書いた人

オキイチ

沖縄の小ネタ・お手頃グルメ・経済・観光・不動産をローカル目線で発信しています。フリーランス・専門職の沖縄移住を応援! それでは、今日も沖縄のよもやま話に、聞き耳を・・・。 プロフィール詳細はこちら

-沖縄の就職, 沖縄の移住
-, , , , ,

© 2021 Re:Okinawa 沖縄一の日常会話 Powered by AFFINGER5