グルメ 沖縄の小ネタ

テーマは「テイクアウト」!|2021/8/20 OTV沖縄テレビ放送『アゲアゲめし』

沖縄ローカルテレビのグルメ・観光スポット最新情報を仕入れておけば、

観光は失敗しません!

貴重な観光の時間、特にお店選びは失敗したくないですね。

「アゲアゲめし」は高視聴率を誇る、沖縄ローカルの食レポ番組です。

1軒目:福まん家 Big小禄店(那覇市小禄)

お店のデータ・アクセス

一軒目はテイクアウトの定番、唐揚げから。

那覇市小禄ビッグの敷地内に2021年開店。できたてほやほやのお店です。

長崎に本店があるテイクアウト専門のお店で、あご出汁など九州の素材を使った唐揚げが特徴。

福まん家 Big小禄店

住所:〒901-0152 沖縄県那覇市小禄3丁目7−2 ザ・ビッグエクスプレス小禄店内

営業時間:10時30分~22時00分

098-996-5299
※持ち帰りのみ

プレーンの唐揚げは、だいぶビッグサイズ!

プレーン食べた感じは、非常に甘味が強い。

お肉も柔らかいです!

ほのかな自然の甘味は、「トビウオのあごだし」から、とのこと。

椿油・生姜に漬け込んで片栗粉をしっかりまぶした唐揚げは、時間が経っても美味しく食べられます。

焦がしガーリック味は、焦がしたガーリックパウダーをまぶし、ニンニクの風味が口の中に広がる逸品。

ガーリックの香りがすごい。

伺った日が旧盆だからか、各種類10個ずつ以上買っていくお客さんもいました。

最近は沖縄でも唐揚げ専門店が増えましたが、こちらの唐揚げは非常に甘みと旨みが強いと感じます。

「手羽中の甘ごま」も人気商品で、唐揚げといっしょに買われる人多数。

手羽中も九州産の醤油をベースにした甘めのタレをかけ、白ごまをたっぷりかけた

手羽中は骨が一本しかなくてとても食べやすい!

お酒のつまみに、ご飯のおかずに、間違いない唐揚げでした!

おすすめ プレーン(唐揚げ) ¥120

メニュー

九州甘醤油 ¥130
焦がしガーリック ¥130
手羽中の甘ごま 6本 ¥430(6本1パック)

2軒目:ビストロ アミティエ エト パッション(那覇市金城)

お店のデータ・アクセス

那覇市金城(かなぐすく)のビル3階にある、「ビストロアミティエエトパッション」。

街中で本格的でリーズナブルなフランス料理が楽しめます。

ちなみに、金城や近隣の小禄地域は県内でも有数の高級住宅街。

クリニックも多く、住みやすい街ランキングにも何度も選ばれている閑静な住宅街です。

ビストロ アミティエ エト パッション

住所:〒901-0155 沖縄県那覇市金城5丁目1−1 wa!ビル3F

営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00) 日曜定休

098-857-3022

番組で紹介されていたのは、「宅飲み盛り合わせ」のセット。

チキンのコンフィ、リブロースステーキ、サーモン、フォアグラと贅沢ざんまい。

この中から、チキンのコンフィリブロースステーキを実食してました。うらやましい!

チキンの感想は、「柔らかい!」「けど皮目がパリッとしてる!」と絶賛でした。

まず、80℃のオイルで3時間煮込み、低温調理でしっとり柔らかく仕上げています。

それを取り出し、フライパンで皮目を焼き、さらにオーブンで仕上げているとのこと。

マスタードをつけていただくのですが、さわやかな酸味がより美味しさを引き立ててくれる、そうです! 

リブロースステーキは、両面をしっかり焼くことで肉汁を閉じ込める手法。

表面が焼けたら火を止め、中までじんわりと火を通すからうまみが逃げません。 

こちらはパセリバターをつけていただきます。めちゃくちゃお洒落!

この贅沢な「宅飲み盛り合わせ」は前日までの要予約だそうです。

チキンにステーキ、サーモン・フォアグラの組み合わせは色々なお酒に合いそうです。

ちなみに、フォアグラはハンガリーから仕入れているそう。

クリーミーな旨味たっぷりフォアグラに、カシスリキュールを煮詰め、フォンドボー・バターとビネガーを加えたソースをかけて・・・

と、聞いているだけで美味しそうでした。

おすすめ宅飲み盛り合わせ ¥2,200(前日まで要予約)

メニュー

フォアグラバケット ¥2,200

那覇に珍しく、駐車場も広々です

3軒目:Witch's Sandwich(那覇市壺屋)

三軒目は、那覇市壺屋にあるウィッチーズサンドイッチ。

2021年にできたばかりのお店で、店内はまだ新築かじゃーがしています。

放送翌日のお昼、けっこう行列できてました

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』で出てくる「キューバサンド」に魅了された店主が切り盛りするこのお店。

映画を見て食べたくなったものの、売ってるところがないので自分で作ろうと思った、という情熱派。

こちらでは、沖縄では珍しいキューバンサンドイッチが看板メニュー。 

お店のデータ・アクセス

Witch’s Sandwich(ウィッチーズ)


住所:沖縄県那覇市壺屋2-4-3

営業時間:営業時間 7:00-24:00(緊急事態宣言中は時短)

080-1681-8992

看板のキューバサンドは、なんと自家製のパン「キューバンブレッド」で勝負しているとのこと。

半分に切ったパンに、マヨネーズ・マスタードとガーリックバター、その上にチーズとハム。

そしてメインのローストポークをたっぷり!

ローストポークも、6時間以上かけて仕上げるそう。すごい手間暇。

専用の機械でプレスして焼いていくので、表面サクサク、ホットサンドみたいな感じに仕上がります。

チーズがとろっと、ふっくらしたサンドとたっぷりお肉で仕上がったサンドは、ここでしか味わえません。

一晩かけて仕上げたソースは、柑橘系のオレンジジュースとかシークワーサージュースがアクセント。

おすすめのデザートは、四角に切った生地を油で揚げた「ベニエ」。

フランス語で「揚げた生地」で、ヨーロッパではわりとポピュラーなお菓子だそう。

おいしそうだったのが、バニラアイスをトッピングした進化系でした!

おすすめキューバサンド Lサイズ ¥840

メニュー

ベニエ 3個 ¥270
トッピングバニラアイス +¥100

-グルメ, 沖縄の小ネタ