コロナウイルス関連

東京都が事業者に支払う「感染拡大防止協力金」について

※政府・自治体による情報提供体制が整ったため、更新をストップしました。備忘録として残しています。災害や大きな変化があったときには、国・地方がスピーディに対処すべきという教訓ですね。


東京都は、休業要請に全面的に応じた中小の事業者に対し感染拡大防止協力金を支給します。

1店舗のみの場合は50万円、2店舗以上の場合は100万円受け取れます。

東京都は22日、協力金制度の概要を公表し、都のホームページに申請サイトを立ち上げ受付を始る、とのことです。

(更新日:2020/4/22)

取り急ぎリンクを置きます。

→ 「感染拡大防止協力金」について (東京都産業労働局)

 

[faq] [faq_item question="だれが受け取れるの?" answer="「東京都における緊急事態措置等」により、休止や営業時間短縮の要請を受けた施設を運営する中小企業(個人事業主を含む)が、休業の要請等に全面的な協力を行った場合に受け取れます。 "][/faq_item] [faq_item question="休止要請を受けていない業種が自主的に休業した場合は対象となるの?" answer="都の要請に応じていただいた方への協力金ですので、自主的な休業については対象となりません。 "][/faq_item] [faq_item question="申請書は、どこでどのように提出すればいいの?" answer="4 月 22 日開設予定のウェブ申請サイトにて、ウェブ申請をいただくことを原則としています。ウェブでの申請が難しい場合は、郵送または持参でも受け付けます。郵送先など、詳細は改めてお知らせします。 "][/faq_item] [/faq]

 

  • この記事を書いた人

オキイチ

沖縄リピーター・地元民に楽しんでもらえる記事を発信します。 沖縄の小ネタ・お手頃グルメ・経済・観光・不動産をローカル目線で発信。フリーランス・専門職の沖縄移住を応援! それでは、「沖縄一の日常会話」に、聞き耳を… レビュー記事のポリシーはこちら

-コロナウイルス関連
-,