沖縄の小ネタ

元旦「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春!沖縄スペシャル」から

2020年元旦、「ブラタモリ×家族に乾杯!」が放送されてました。
いつもながらタモリさんの博識と、鶴瓶さんの人柄に関心しながら拝見させていただきました。
それでは少し内容の感想です。

おふたりとも最後に「沖縄おもしろいね!」と仰っていたのがとても印象的でした!

 

浦添ようどれと太陽信仰のおはなし

浦添ようどれは、13世紀に英祖(えいそ)王が築いたとされるお墓。
17世紀に尚寧(しょうねい)王によって改修され、復元作業をしつつ現在まで伝わっています。
番組内では、太陽信仰の導入として紹介されていました。

浦添ようどれの周辺は何度か伺ったことはありましたが、
壕などの戦跡がとても印象的で、英祖王のお墓まではたどり着けてなかったんですね。
番組でのアーチ状の門から注ぐ冬至の日差しが、とても神々しかったですね。

私は少し(霊を)引きずりやすい体質なので・・・

体調が万全で天気がいいときに、いつか伺えればと思います!

 

久高島に移住者が??

カベール岬へと続く道

数年前までは、久高島に移住する人というのはほとんどいないはずでしたが、
受け皿があるということは、基盤となる職の選択があるということなんでしょうね。
観光客の増加と無関係ではないと思います。

(補足:他番組でも紹介されてましたが、海ぶどう養殖やダイビング店がにぎわっているようです!)

神の島ですから、無秩序な人口の増加は望ましくはないと思うのですが、
見えざるバランスが働いているんでしょうね。
ともあれ、島が活性化するのは喜ばしい事ですね。

久高島では島のルールを守って、学ばせてもらうつもりで観光しましょう!

 

 

ヤハラヅカサ~南城市周辺の稲作の起源

ヤハラヅカサの写真

琉球開闢の神様が最初に上陸したといわれる浜辺ですね。
琉球石灰岩と泥岩の地層の組み合わせから、湧水が確保できて、
稲作が伝わったという神話を読み解く視点は、非常に興味深かったですね。
やはり勉強になります。

ここ数年、南城市にも賃貸物件や新築一戸建てが増えていると聞いています。那覇への通勤には不便なので、やはり雇用が増えているのでしょうか?子育てには最適の環境だと思いますので、若い人が移住してるんですかね。今度リサーチしてみます!

 

斎場御嶽は鍾乳洞が崩れてできていた!

近くの公園から。海キレイ!

近くの公園から。海キレイ!

近年は観光バスが駐車場に行列している斎場御嶽ですが、
15年ほど前は観光客も日に数人という感じで、
あー、ここには本当に神様がいらっしゃるんだなあ、という雰囲気でしたが・・・

普通の沖縄県民は斎場御嶽は位が高すぎて行けない、一生のうちに行くつもりもない、という人がほとんどです!

私は畏れ多くて、写真は撮れません!


興味深かったのは、岩盤がずれて三庫理が形成されたこと。
泥岩が地滑りして琉球石灰岩の岩盤が割れたことであの三角が生まれたそうです。
番組内の図解が非常にわかりやすく、ぜひ番組でチェックしていただきたい!
あとあの地帯全体が元は鍾乳洞で、それが崩れて現在の姿になっているんですね。
すぐにピンとくるあたり、タモリさん、さすがです。

 

沖縄とタモリさんは相性が良いと思う!

お昼の番組をずっとやられていたので、タモリさんは数年前まであまり遠出ができなかったそうです。
今回の旅で非常に関心を持っていただいたようですし、
できれば沖縄にちょくちょく遊びにきていただきたいですね!

沖縄ローカルで番組持ってもらったりして・・・

是非またお待ちしています!

  • この記事を書いた人

オキイチ

沖縄リピーター・地元民に楽しんでもらえる記事を発信します。 沖縄の小ネタ・お手頃グルメ・経済・観光・不動産をローカル目線で発信。フリーランス・専門職の沖縄移住を応援! それでは、「沖縄一の日常会話」に、聞き耳を… レビュー記事のポリシーはこちら

-沖縄の小ネタ
-,